BLOGブログ

  • Top
  • ブログ

奈良で新築をお考えの方へ|隣に家があっても日当たりを良くするコツ

「隣に家があっても、日当たりの良い家は建てられる?」
「日当たりを良くするには、どうすればいい?」
新築を建てる土地の周りが、正面以外家に囲まれていることは少なくありません。
しかし、そのような場合でも、工夫次第で家の中に太陽の光を取り込むことはできます。
そこで今回は、隣に家がある土地でも日当たりをよくするためのコツや注意点をご紹介します。

□日当たりでご近所トラブルになることも

日当たりが良い家は、洗濯物が乾きやすかったり、気持ちが明るくなったりと、メリットがたくさんあります。
そのため、多くの人が日当たりの良い家に住みたいと考えています。
しかし隣に家がある場合は、ご自宅だけでなく隣の家も日当たりが悪くなり、トラブルに発展するケースも少なくありません。
特に土地の境界線ギリギリに家を建ててしまうと、隣の家との距離が近くなり、日当たりが悪くなりがちです。
トラブルに巻き込まれないためにも、新築を建てる上で注意すべきポイントを確認しておきましょう。

□隣に家があっても日当たりの良い家づくり

*隣家から距離をとる

隣家との距離が離れているほど、直射日光は入りやすくなります。
日当たりの良い南側に窓を設けるなら、できるだけ家自体を北側に寄せることがおすすめです。
空いたスペースに庭を作れば、家庭菜園も楽しめそうです。
また家をコの字型にして、中庭を作れば、家を寄せなくても日当たりを良くすることが可能です。

距離が空いていると、日当たりが良いのは隣の家も同じです。
そのため、日当たりを良くするための向きだけでなく、他の向きの家との距離もある程度確保しておくと、トラブルを回避できるかもしれません。

*リビングを2階にする

リビングは一般的に1階にあるというイメージを持っている方が多いかもしれません。
しかし、隣の家に日差しを遮られる可能性がある場合は、2階にリビングを作ることがおすすめです。
こうしてリビングに対する隣の建物の高さが低くなるほど、より日当たりが良くなります。

*吹き抜けを作る

より家の中を広く感じられる吹き抜けは、実は日当たりを良くする上でも有効な間取りなのです。
吹き抜けを作ることで、より大きな窓を配置できるため、たくさんの光を取り入れることができます。

□まとめ

今回は、隣に家があっても日当たりの良い家を建てるためのポイントや注意点について説明しました。
現在隣に家が建っていなくても、土地があるなら、将来的に家が建って、日差しを遮られる可能性は十分にあります。
家を新築する際は、隣に家があっても困らないように、ぜひご紹介したポイントを参考にしてみください。

新築におすすめの無垢材はどれ?特徴を奈良の業者がご紹介

「家の中でも自然を感じられるように、無垢材を新築に使いたい」
「無垢材にも種類があるけれど、おすすめの無垢材はどれ?」
無垢材には、見た目や香りの良さだけでなく、湿度を調整する効果もあり魅力的ですよね。
しかし、一口に無垢材と言ってもいくつか種類がありますから、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。
そこで今回は、新築に使う上でおすすめの無垢材とその特徴についてご説明します。

□価格が気になる方におすすめの無垢材

無垢材というと値段が高いイメージを持っている方もいるかもしれません。
ですが、パインやスギなどの針葉樹は比較的安価です。
できるだけ費用を抑えたい方にはおすすめの無垢材といえるでしょう。

*パイン

マツ科であるパインには、特徴的な木目と節目があります。
パインをフローリングや内装に使用すると、家の中がナチュラルな印象になります。
カントリー調が好きな方におすすめの木材です。
柔らかく肌触りが滑らかであり、衝撃を吸収する性質があります。
しかし、それと同時に傷をつけやすいので、傷が気になる方は定期的に修繕した方がよいでしょう。

*スギ

日本で使われる木材の中で、特によく知られているのがスギです。
和風なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、現代的な住宅や洋風な住宅にも使われています。
パインと同じく、柔らかくて肌触りが良いのが特徴です。
温もりを感じられることも魅力の1つです。
無垢材の中でも、特に値段がリーズナブルですから、初めて無垢材を使う方にもおすすめの素材です。

□丈夫さを重視したい方におすすめの無垢材

*オーク

オークは日本ではナラとも呼ばれます。
名前だけ聞くとどのような木かイメージできないかもしれませんが、実はドングリが実る木がこのオークなのです。
木目の力強さや優しく落ち着きのある雰囲気が魅力的です。
針葉樹と違って、硬く丈夫ですから、傷もつきにくいです。
水にも強いので、水回りをフローリングにしたい場合に、オークの無垢材を選んでみてもいいかもしれませんね。

*メープル

モミジが有名なメープルは、光沢と美しい木目が魅力的です。
家の全体を明るくナチュラルな雰囲気にしたい方にはおすすめです。
傷はつきにくい一方で、衝撃に弱いのではないかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、弾力性が高いため、実は衝撃にも強い優れた木材なのです。

□まとめ

今回は、新築に使える無垢材の中で、おすすめの無垢材をいくつかご紹介しました。
同じ無垢材でも、種類によっては性質はもちろん、かかる費用も異なります。
新築にどのような無垢材を使おうか迷っている方は、ご紹介した無垢材を参考にしてみてはいかがでしょうか。

新築でよくある日当たりの失敗例3つ|その対策を奈良の業者がご紹介

「新築を建てたいけど、失敗しないか不安」
「日当たりで失敗しないためには、何に気を付けたらいいのだろう」
人工照明と違って、太陽の光は浴びているだけで元気が湧いてきませんか?
しかし、新築の住宅を購入したら、日当たりが悪かったという失敗は少なくありません。
そこで今回は、新築を購入する際の日当たりの失敗例と、その対策についてご説明します。

□思っていたより土地の日当たりが悪かった

新築を建てられる土地がない場合は、まず土地探しから始めますよね。
気に入った土地を見つけたら、実際にその土地を訪れて周辺の環境や日当たり、広さなどを自分の目で確認しようと考えるでしょう。
しかし、そこで見たときは日当たりが良く見えたのに、実際に住んでみると思っていたより日当たりが悪かったという失敗例があるのです。
夏場は、他の季節に比べて、太陽の位置は高いです。
そのため、夏に土地を見て日当たりが良いと思っても、他の季節はそれほど日当たりが良くないという事態が発生してしまいます。
また時間帯によっても土地への日の当たり方は変化します。

このような失敗をしないために、住みたい土地には時間帯を変えて何度も訪れるようにしましょう。
また夏場に見学する際は、土地の周りの建物をよく観察して、他のシーズンはどれくらい影が落ちそうか予想しておきましょう。
近隣の住人に、他の季節の日当たりはどうか聞いてみるのも有効な方法です。
長く住んでいる方に聞けば、日当たり以外の情報についても知れそうです。

□大きい窓でも日当たりが良くない

リビングの日当たりを良くしようと、マイホームに大きい窓を使おうと考える方もいるでしょう。
しかし、せっかく窓を大きくしても、隣の家に遮られて、光が入らないこともあります。
このような失敗を回避するために、間取りを考えるときは、周辺の環境についてよく確認したうえで窓の位置を考えましょう。
また時間帯ごとに窓からの光の入り方を確認することも大切です。

□日当たりが良すぎて困ることも

新築を購入する際は、日当たりの良い家にしようと考える方が多いかもしれません。
しかし、実は日当たりが良すぎて、失敗してしまう例もあるのです。
例えば、寝室の窓を東向きにしてしまうと、朝の日差しが強すぎて、ゆっくり眠れないでしょう。
また、テレビに太陽光が反射して、テレビが見づらいという失敗もあります。
窓の位置を考える際は、ご家族のライフスタイルやその部屋での過ごし方をよく想像しておくといいかもしれません。

□まとめ

今回は、家を新築した際によくある日当たりの失敗例と、それを防ぐ方法をご紹介しました。
お子様がいらっしゃるなら、家の中でも自然に光を浴びさせて、健やかに育てたいですよね。
日当たりの良い家を新築したい方は、ぜひご紹介した対策を参考にしてみください。

新築にどの無垢材を使う?選び方のポイントを奈良の業者が解説

「新築には、木の本来の質感を楽しめる無垢材を使いたい」
「使う無垢材ってどうやって選んだらいいの?」
無垢材というのは、丸太からそのまま切り出した木材のことで、木の種類によって、模様や特徴は異なります。
実際にこの無垢材を使って新築を建てようと考えたら、使用する無垢材の材料を選ぶ必要がありますが、何を基準に選べばよいのかご存知ない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、新築に使う無垢材の選び方をご紹介します。

□暖かさを感じられるかで選ぶ

無垢材が優れている点として、暖かいことが挙げられます。
丸太から切り出しされた無垢材は、生物であり、細胞同士との隙間にたくさん空気を含むことができるからです。
ただし、使う木の種類によって、暖かさには差があります。
例えば、パインやヴォルドーパイン、ヒノキといった針葉樹は、暖かく感じやすいです。
針葉樹の構造が単純で、組織の密度が低いので、空気をよりたくさん含むことができるのです。
一方、ナラやオーク、メープル、ウォールナットといった広葉樹は、複雑で密度の高い構造であるため、含める空気の量が少なく、暖かさを感じにくいです。
お住いの環境、暖房設備といった条件を元に、暖かさを優先するか考えて選んでみましょう。

□傷つきにくいかどうかで選ぶ

無垢材には傷がつきやすいといったデメリットがあります。
しかし、実は傷のつきやすさも木の種類によって異なるのです。
例えば、広葉樹は構造が複雑で密度が高いため、傷がつきにくく丈夫です。
逆に、針葉樹は柔らかく、傷がつきやすいです。
暖かさ、傷のつきにくさも欲しい方は、傷のつきやすい場所にだけ、広葉樹を使っても良いでしょう

□予算で選ぶ

新築を建てることは特に大きな買い物ですから、予算も考えて選びたいですよね。
無垢材は素材によって、価格に違いがあります。
一般的に、針葉樹は成長が早い分安く、逆に広葉樹は成長に時間がかかる分高価です。
ただし、その中でも木材の産地や希少性によっても値段は変わります。
予算を計算して、それに合わせて木の種類を選んでみてください。

□見た目で選ぶ

予算内に収まるものが見つかれば、次は木目や色味といった見た目で好みに当てはまるものを選びます。
無垢材には、年を経るごとに見た目が変化する特徴がありますから、各種類の変化の仕方が気になる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、手入れの仕方や質、気温、日当たりといった環境によって変化の仕方は変わります。
ざっくりとした見た目の好みで選んで、どのように変化するのか楽しみにすることをおすすめします。

□まとめ

今回は、家に使用する無垢材の選び方やそのポイントについてご説明しました。
自然の質感が魅力的な無垢材ですが、実は湿度を調整し、家の中を快適に保つ働きもあります。
自然を感じられる家を作りたい方は、ぜひご紹介したポイントを参考にして、無垢材を選んでみてください。

【奈良の業者が解説】新築で家事動線を考える必要性とそのポイント

「妻から家事のしやすい家づくりを頼まれたが、どうすれば家事がしやすいのか分からない」
「家事をしやすくするために、家事動線って考えないといけないの?」
主婦と違って、一般的に男性で働きながら全ての家事をこなしている方は少ないので、どうすれば家事のしやすい家を作れるのか分からないかもしれません。
そのような方にぜひ注目してほしいのが、「家事動線」です。
今回は、この家事動線とその必要性、考え方についてご説明します。

□家事動線は考える必要がある?

家事をする際は、道具のある場所に移動して作業する必要があります。
例えば、料理をするときには、冷蔵庫から材料を取り出して、シンクで洗い、作業台で細かく刻み、コンロで加熱しますよね。
洗濯するときは、ランドリールームで洗濯機をまわして、洗濯物を取り込み、ベランダに干すことが必要です。
さらに、アイロンをかけて、服をたたみ、自分の部屋の引き出しにしまう方もいるでしょう。
このように家事をするときに移動する経路を「家事動線」と言います。
移動する距離が長ければ、当然1つの家事にかかる時間は長くなってしまいます。
そのため、家事のしやすい家を作るには、家事動線を考えることが大切なのです。

□家事動線の考え方とポイント

それでは、家事動線はどうやって考えたらいいのでしょうか。
ここでは、家事のしやすい家事動線の考え方をご紹介します。

*生活パターンを確認する

生活パターンによって、家事の仕方は異なります。
例えば、専業主婦なら天気の良い朝は、洗濯機を2回まわし、朝ごはんと弁当を作るかもしれません。
このように同時に複数の家事をこなす場合は、一度に移動する場所が多いので、色々な場所を行き来しやすくしたいですね。
逆に、共働きの家庭なら、休日に洗濯や掃除をまとめて行い、平日は料理しかしないかもしれません。
同時に複数の家事をしないなら、それぞれの家事動線を分離してもよさそうです。
このように家事をいつどのようにするのか、といった生活パターンをもとに家事動線を考える必要があります。

*家電選び

どのような家電を使うかによっても、家事のしやすさは違います。
例えば乾燥器が付いた洗濯機なら、干す必要はありませんから、バルコニーへの動線は考えなくても良いでしょう。
掃除についても、ロボット掃除機を使うなら、掃除の動線は大幅に短くできそうです。
家事の負担を減らしたい方は、便利な家電を使って、家事動線を短くすることも検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、家事のしやすい家を建てるために家事動線を考えるべき理由と、考え方を解説しました。
家事のしやすい家なら、奥様の負担を減らせて、家族でふれあう機会も増えそうです。
新築をお考えの方は、ぜひご紹介した家事動線についてよく考えて、家づくりをしてみてください。