BLOGブログ

  • Top
  • ブログ

家事が楽に行える間取りの工夫は?奈良の注文住宅業者が解説

「家事がしやすい住宅を建てたい。どのよう間取りや工夫をすれば家事が楽になるの?」
住まいで日々こなす家事、それをストレスなくできる空間にしたいものですよね。
そこで今回は、家事を楽にする住宅設計のポイントについてご紹介いたします。

□家事を楽にする注文住宅設計のポイント

*収納場所を充実させる

それぞれの部屋や空間で何か作業をするときはものを使いますよね。
そういったものは使った後にどうしておきますか?
通常であればそのまま放置しておくかもしれませんが、それでは部屋が散らかって見えてしまうでしょう。
ものの多い場所は使いにくく、足元にものがあふれかえると引っかかるなど危険が増す可能性があります。
そういったことを避けるためにも収納できる場所は余裕を持って備えておきましょう。

*なるべく移動距離の少ないような間取りを考える

たとえば、洗濯する一連の作業を想像してみましょう。
動きの中には、洗濯物を洗う・干す・収納するという動きがありますよね。
洗濯自体は一日に何度も行わないものかもしれませんが、だからと言って部屋をばらばらにしていると不便になりますよね。
水にぬれた洗濯物を持って長距離を移動するのは大変ですし、階段の昇り降りが必要な部屋の配置にしてしまうと負担が大きくなります。
そこで、洗濯機のある部屋・干す部屋・収納する部屋を近くに配置するとどうでしょうか。
無駄のない最低限の移動で洗濯という家事が完了しますよね。
そして、動きの効率化を考えると収納する場所も個々の部屋よりは同じ場所にまとめておくのが良いと考えられるでしょう。
このように、一連の家事で使う部屋を近接することで、なるべく無駄な移動を避けることが可能になります。

*一筆書きができる空間も有効

家の中で複数の部屋を同じ道を通ることなく移動できるようにしておくのも工夫としてお勧めです。
これを回遊動線といい、特にキッチンの奥に別の出入り口を設置して洗面台に移動でき、リビング側からもキッチン側からも行ける構造はよく見受けられます。
朝方を中心に家族全体が動き回る際には、なるべく移動の融通を効かせて楽に家事を行いたいですよね。
回遊動線を設けておくことで、他の家族が同じタイミングで動いても邪魔になりにくくなります。
また、他の部屋にいくのに遠回りすることも少なくなる点で動きの無駄を軽減できるでしょう。

□最後に

今回は、家事を楽にする住宅設計のポイントについてご紹介いたしました。
ものを使う部屋のすぐ近くに収納場所を設ける・動きを意識して間取りの配置を考える・回遊動線をつくって自由度を高めるといった工夫があります。
様々な方法を取り入れて、家事のしやすい間取りを実現しましょう。

ローンを抱えて子育てするのが不安な方へ、注文住宅業者がお勧めをご紹介

「家族で暮らす注文住宅を建てたいな。でも、これから育児費などもかかると考えると住宅ローンを組むのは不安…」
世界に一つの注文住宅を建てて家族で住むのは人生の中でも大きな夢のひとつですよね。
一方、子育てしながらの住宅ローン返済には不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、子育てとローン返済を両立するために重要である資金計画についてご紹介いたします。

□ローンの返済にあたって知っておきたい資金計画

人生の3大支出という言葉をご存じですか?
人生において最もよくお金を使うことになる3つの機会、住宅関連・子育て・老後を指します。
たとえば、住宅に関しては家や土地を買う費用だけでなく、それにあたっての税金や長く住む中でのメンテナンス費用が考えられますよね。
また子育てをする際には教育費用や習い事にかかる料金、お子様と外出する費用が必要になります。
それぞれ千万円の単位で必要になるとされており、支払いの時期が被ると大変ですよね。
そこで、返済金で生活が圧迫されないように予め資金のやりくりする資金計画を考えておくとよいでしょう。
資金計画の主な流れとしては、現状の自己資金がどのくらいあるのかということを把握・住宅の工事に必要となる費用の見積もり・借り入れるローンの金額と種類を決定・返済方法についての検討という順番で行っていきます。
ローンをどのくらい借り入れるのが適当なのか、生活に支障が出ないように返済できるのかということを確かめていくことが重要です。

□子育てをローンの返済を両立するための資金計画のコツ

子育てをしながら住宅ローンを返済していく上では支払いの時期が被ると大変になるという話を先程いたしました。
住宅については一括とローンを組むなどした分割での支払いという選択ができるのですが、子育てについては授業料をはじめとして多くがまとめて必要な費用となります。
資金計画においてはまず自己資金を把握する段階で、ある程度子育てにかかるまとまった費用を残しておくことと安心できるでしょう。
また、ローンを組む際のポイントとしては、支払いが生活に影響しないかを検討することを押さえておきましょう。
一部をローンの支払いのために一部を子育てにかかる費用を積み立てるためにという感じでやりくりを考えていくのも一つの手です。

□最後に

今回は、子育てをローンの返済を両立するために重要である資金計画についてご紹介いたしました。
両者とも少なからず負担になるものですので、自己資金はある程度余裕をもって残しておくことと生活をするのに負担のかからない返済方法であるかということを踏まえて、資金計画を進めていきましょう。

注文住宅が完成するまでの流れや期間について|奈良の業者が解説

「注文住宅を建てる予定なのだけれども、完成するまでの大体の流れや期間を知っておきたいな。」

住宅の新築には時間がかかりますので、どのような工事をするのか、工事の期間の目安を把握しておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅が完成するまでにする作業の内容やかかる時間の目安についてご紹介いたします。

□注文住宅を建てる流れと期間

*住宅のイメージづくり

注文住宅はいきなり建てるというわけではありません。
事前準備として大切なのが住まいのイメージづくりです。
理想としている空間や叶えたい条件を書き出して、理想像を固めていきましょう。
思い描くのが難しい場合には、ショールームに見学に行ったり、業者に相談したりすることがお勧めです。
期間としては1~数か月と特に制限はありません。
住宅は長い期間ともに過ごすことになりますので、ご自身の納得のいく形になるまで追求することが大切です。

*資金計画
住宅のイメージづくりと並んで準備として大切なのが資金計画です。
理想の住宅を建てても、支払いの面で苦しむと幸せに暮らすことができませんよね。
そのためにも、資金計画をじっくりと行っていきましょう。
内容としては、自己資金の把握・見積もりを取通した工事にかかるおおよその費用の算出・ローンの借り入れ金額と返済の計画です。
期間の目安としては、2週間~4か月ほどとなります。

*土地探しとプランニング

住宅を建てるのに合わせて土地を選ぶことも重要になります。
選ぶ観点は、周りの環境・最寄り駅までのアクセス・どの学校の区内なのか・近隣の商業施設など様々です。
ご自身が優先したい事柄に当てはまる地域から候補を絞っていきましょう。
また、業者選びとプランニングも行います。
ご自身が描いている理想を実現できる業者であるかを見極めていきましょう。
期間の目安としては1か月~3か月となります。

*契約と施工

どの業者に依頼するのかも決定すれば、契約となります。
工事の期間は短くても数か月、長いと半年ほどということが多いです。
内容によっては工事の期間が長くなるかもしれません。

□最後に

今回は、注文住宅が完成するまでの流れや期間についてご紹介いたしました。
注文住宅購入の期間は短いと数ヶ月、長いと1年以上がかかります。
しかし、その後長い間にわたって住み続ける場所ですし、大きな投資にもなりますので、じっくりと検討するのが大切です。
納得できるかということを常に注意しながら着実に進めていきましょう。

注文住宅におけるトラブルとその対策を奈良の業者が解説

「注文住宅ではトラブルを起こす人が多いらしい。トラブルを起こさないように事前に対策しておきたいな。」

注文住宅をはじめとして住宅工事においてはトラブルがしばしば報告されています。
しかし、そういったトラベルに巻き込まれると快適に過ごすことも難しくなりますから、事前に注意点を把握しておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅においてよくあるトラブルとその対策についてご紹介いたします。

□注文住宅でよくあるトラブルとその対策方法

*近隣とのトラブル

住宅は一般的に、一軒の住宅のみが広い敷地にあるのではなく、近隣に民家が集中していますよね。
つまり、近所に誰かが住んでいる場合がほとんどということです。
やはり、周りの方とうまく付き合っていくことが快適な暮らしを送る上でも大切になります。
しかし、住宅を建てる際にトラブルに発展することも少なくないのです。
例えば、工事の騒音や臭いに困っている・業者と揉めたといったものがよく挙げられます。
そうなってしまっては穏やかに暮らせなくなってしまいますよね。
対策としては工事の前に挨拶回りをすることが大切になります。
いつ、どのような工事をするのかを伝えて、丁寧に対応することで相手が受ける印象も大きく変わってくるでしょう。

*業者とのトラブル

住宅工事においては業者とのトラブルも多く報告されています。
その中でも費用のトラブルは避けたいですよね。
見積もり金額が安かったので契約したところ、多額の支払いを求められて業者と揉めるというパターンがよく見受けられます。
見積もりはあくまでも目安ですので、すぐに飛びつかないことが大切です。

また、手抜きの工事をした結果、わずか数年後に不具合が見つかることもあります。
通常であれば築十数年は特に問題が起こらないとされていますので、こういった場合は業者の過失である可能性が高いです。

このようなトラブルを避けるためには、やはり業者を選ぶ段階で、悪徳業者に工事を依頼しないことが大切になります。
見積もりについては複数の業者を比較し、明らかに安い場合は注意した方が良いでしょう。また、過去の施工実績や周りからの評判というのも参考になるかもしれません。
話をする中で、本当に信頼できる業者であるかということを踏まえて選ぶことが大切です。

□最後に

今回は、そこで今回は、注文住宅においてよくあるトラブルとその対策についてご紹介いたしました。
トラブルになるポイントを把握して、問題が起こらないように対策を立てていきましょう。

収納しやすい住宅の間取りを奈良の業者が解説

「家族で住む注文住宅を建てたいな。収納を十分に確保できる間取りの例を知りたい。」

注文住宅を建てる際には間取りを考えていくことになりますが、収納のことが気になる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、収納を十分に確保できるような間取りのコツについてご紹介いたします。

□収納を十分に確保できる間取りのコツ

注文住宅の失敗については色々な原因が挙げられますが、多いものの一つとして収納面のことが挙げられます。
そもそも面積が狭い・入れたい家具や荷物が入らないといった問題がよくあるのです。
まずはどのようなものをしまうのかということを把握して、広さが足りているかを確かめることが大切です。
また、特定の部屋でよく使う道具、用品があるかと思います。その部屋で使いやすいものは同じ部屋に片付けられるようにしておきたいものです。
その中でも間取りの工夫によって収納面でうまくいくと考えられるコツをいくつかお話ししましょう。

*キッチンにはパントリーを

パントリーというのは、食器棚とは違って、調理器具や常温保存の材料・食器などをしまえる大きな収納空間です。
キッチンでは使うものが多いものの、それぞれが別々の場所においてありませんか?
パントリーでまとめてしまうことで、使いたいものを探しやすくなります。

*玄関収納・土間を取り入れる

玄関でも収納は役に立ちます。玄関に収納するものは靴以外にも、傘や洗車用具など外で使うものもあるためです。
玄関収納や土間といった比較的に大きなスペースを間取りとして確保することによって、すぐに外で使えるような工夫ができます。

*ウォークインクローゼットの採用

通常の押し入れやクローゼットとは異なり、歩いて中に入ることのできるクローゼットということを指します。
洋服は通年使うものは少ないので、通年でみると持つものが多いですよね。
片付けられる場所をまとめて広く取っておくことで空間の無駄が少ないですし、歩いては入れる点で探すのが簡単だというメリットもあります。

□最後に

収納を十分に確保できるような間取りのコツについてご紹介いたしました。収納場所をそれぞれの部屋に確保することを基本となります。
その上で、キッチン・玄関といったものが多い場所には大きな収納場所を間取りとして設けると良いでしょう。
収納スペースの有無や大きさはその場所の使い勝手を左右することになります。
間取りとしても部屋と同じように重視しながら家づくりを進めていきましょう。