LINEUPスマートゼロ 商品ラインナップ

smart 0

太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家づくりではなく自然の力とゆとりを設計により確保した家造り

太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家づくりではなく自然の力とゆとりを設計により確保した家造り

シンプルだからこそ、際立つ個性と美しさ。
「スマートゼロ」は、ゼロエネルギー住宅を目指し、むだのない美しい住まいを実現。
光と風と、自然と共生していく、これからの家のかたちです。
人生を豊かに大切に暮らす暮らす家造り。
印象的で街並みとの調和を考えた外観、光を最大限取り入れながらも開放感のある居室など、私たちはお客様のライフスタイルをお客様と同じ視点で考えご要望を120%実現します。住む人が幸せを実感できるデザインです。

smart 0って?? ゼロエネルギー住宅なんです。

CO2を25%削減という国際公約から日本はその実現に向かい大きく動き出しました。
国交省を中心に日本の住宅施策は住宅の断熱性の向上には大きく補助金を出すなど、長期優良住宅とも絡めながら本気で変わろうとしています。
2020年には省エネ基準は、次世代基準の4等級が義務付けられることとなりました。
それに呼応して、日本の住宅会社は家庭で電気を発電しながら節電を行うスマートハウスに取り組みが進められました。
そして、あの3.11の大震災。それを機に一般消費者からも省エネに関して、より注目が集まるようになりました。
住宅建築に携わる者として、この流れをさらに加速化させ、ゼロエネルギー住宅を実現させることが我々の義務であると考えました。

電子ブックでカタログを見る

電子ブックでカタログを見る

  • シンプルでコンパクトな設計をし
  • 太陽光発電により蓄電池などを搭載して電力エネルギーの創蓄をしつつ
  • HEMSにより電気使用量を把握しながら機器制御をおこない、自動的に電気エネルギーの使用量を最適化する住宅と定義しています。
  • 太陽光発電+蓄電池
  • 電気設備を見える化
  • 「創る」「蓄める」「使う」を最適にする

ゼロエネルギーを実現するためにAOZORA HOMEが考えること

  • 基本の断熱性能を上げる

    高性能な水発泡のノンフロン硬質ウレタンフォームを採用。熱伝導率も0.034w/m.kと高性能。壁80ミリ天井80ミリの現場発泡により、次世代省エネ基準を超えるトップクラスの断熱性を実現しました。また、同時に気密性も確保しC値1.9以下を実現します。

  • 世界トップクラスの
    温度交換率85%を実現

    全熱交換型24時間第一種換気システムを採用。外気を室温に近づけて給気をするため、冬は暖かく、夏は涼しい、室温に近い温度で給気されるので冷暖房費の節約にもなります。(第2・3種換気に比べ一年間で約26,500円お得)また、外気洗浄フィルターにより、花粉もカットしてくれます。(Q値は0.3程度のダウンが見込まれます)

  • 高断熱な木製玄関ドア

    木のぬくもりと木の特性を活かした熱貫流率0.943w/㎡kの高性能の木製玄関ドアを採用。

  • 高断熱でスリムで美しい
    サッシSAMOSHを標準採用

    高断熱なサッシとガラスの採用によりエネルギーロスを最小限に抑えます。
    この地域に吹く風のデータを基に通風シュミレーションを実施。地窓やトップライト縦すべり窓などの採用により、家の中の風の流れを最適化されます。

  • ルーパーやシェードの採用

    ルーバーやタ―プを上手く使いながら、夏は日射を遮り、冬は日射を取り込みプライバシーにも配慮。春や秋や夏の夜には積極的に外気を取り込みます。大きな窓にルーバーを採用することにより、採風・採光だけでなく、プライバシーの確保にも役立ちます。

  • 高効率の設備、高効率エア
    コン・LED照明を採用

    高効率エコキュートの採用。大気熱を集めて、その熱でお湯を沸かします。
    家庭用で使う消費電力はエアコン25%、照明16%と言われています。高効率のエアコンを使えば、高い省エネ効果となります。また、冷蔵庫なども省エネ家電を推奨しています。

  • サーモバス節水トイレの
    採用

    水まわりも省エネに配慮した設備をセレクト。トリプル設備で光熱費が節約できるサーモバスや節水効果があるスイッチシャワー、節水トイレなどを採用し、エコロジーでエコノミーな機器採用をしました。

  • 長期優良住宅にも対応

    耐震等級は3、省エネ基準は4の長期優良住宅にも対応します。構造は軸組みダイライト工法を採用し、軸組み工法の柱・梁で持たせる構造だけでなく、2×4のように面で持たせる両方の構造を取り入れた構造で耐震等級3を実現しながらも吹抜けや広いLDKなどを実現します。断熱はフォームライトSLを標準採用しています。

詳細はこちらまでお気軽にお問い合わせください。

  • 電話番号は0743-65-1103営業時間は9時30分から19時、定休日は毎週水曜日
  • メールでお問い合わせ

お見積りの依頼・資料請求・無料相談会へのお申し込みなども、お気軽にお問い合わせください。

スマートハウスのプラン紹介

太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家造りでなく、その設備機器を隠しながら、自然の力とゆとりを設計により確保した家造り

  1. 土間収納

    大容量土間収納はアウトドア用品の収納や普段使わない物の収納などに重宝します。

  2. LDK

    LDKの中心にウッドデッキを配置することでLDKの隅々まで光と風を取り入れる工夫をしています。

  3. キッチン

    食品庫をはじめとする収納スペースを豊富に確保したキッチンは毎日の家事を楽しく演出してくれます。

  4. ウッドデッキ

    外と室内をつなぐウッドデッキにはプライバシーと光や風を制御する可動ルーバーで調節可能です。

  5. バルコニー

    芝生を敷き詰めたバルコニーは見た目にも涼しげな演出となります。

  6. 主寝室

    大型クローゼットを設置した主寝室は、ちょっとした書斎スペースを作ったりと使い方も広がります。

  7. ウッドデッキ

    1階同様に中心部に光と風を取り入れる場所にウッドデッキを配置したことで2階にも光と風の溢れる空間を実現しました。

ZEH普及方針

弊社ではZEH住宅の販売を始めます。
今後はZEHビルダーとして、ZEH住宅の普及に努めてまいります。

ZEHビルダーとは・・・

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

ZEH受託率目標と実績
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH率 25% 30% 40% 50% 60%
実績 0% --- --- --- ---
ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページへの提示、及び完成見学会の告知、住宅雑誌掲載など、幅広いお客様へZEH基準の家作りを知っていただけるよう周知・普及を行う。また、定期的に行われる社内のセミナーにおいては、省エネ創エネの技術基準を周知徹底し、社員育成を行う。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEH基準値に近い省エネ住宅を以前より手掛けている経験から常に原価削減に取り組んでいる。今後さらに多種多様な高性能建材が普及されると予見できることから、情報収集に努め、子育て世代に最良のコストパフォーマンスを提案できるよう努める。

その他の取り組みなど

断熱性能、創エネルギーだけでなく、通風利用、昼光利用や暖房期の積極的な日射熱取得など、自然エネルギーを生かす省エネルギー化を念頭に置き間取りの制作を行う。

zeh普及方針

電子ブックでカタログを見る

電子ブックでカタログを見る

詳細はこちらまでお気軽にお問い合わせください。

  • 電話番号は0743-65-1103営業時間は9時30分から19時、定休日は毎週水曜日
  • メールでお問い合わせ

お見積りの依頼・資料請求・無料相談会へのお申し込みなども、お気軽にお問い合わせください。